2014年09月05日

平成26年9月 一般質問

赤磐市議会で9月の一般質問を行いました。
次の4つを質問して、すべて赤磐市執行部からOKをもらいました。
1.赤磐市職員全員に地域活動・市民活動の実施状況についてアンケートを行い、地域活動などの奨励を市職員に行う。
 (前回質問の確認で既に実施してくれていました)
2.赤磐市協働推進課(含む協働推進室)ができて7年になるのに、協働推進課は、赤磐市内の17NPO法人の半分以下にしかまだ訪問しておらず、全てのNPO法人に早急に訪問すること。
3.熊山公民館のシステムとレイアウトの変更
  (現状、窓口越しに立って申請書等を書いていたものを、事務室内に入って座って申請などが書け、利用者と職員のふれあいを作ること。)
4.下水道計画の全体見直しを行い、優先順位を整理してから東窪田地区(赤坂地区の一部)の下水道工事に着手すること

 特に4番は、市長が選挙のときに赤坂の住民に話をしているため、財源問題を棚上げにして東窪田地区の下水道工事に着手しようとしたものを、きちっと全体計画を見直し、優先順位を整理して、財源問題も解決した後に着手するように求めたもので、OKもらうのに力がいりました。東窪田地区の方にはいい話でないと思いますがすみません。
posted by さわけん at 21:34| Comment(2) | 選挙
この記事へのコメント
お疲れ様です。
一般質問の配信を見ました。

いつも思うのですが、赤磐市議会の本会議において
前向きに、建設的に、未来志向で質問をされる議員さんと、
派閥争いと言いますか政争的な揚げ足取りのような質問をされる議員さんがいるような気がします。
個人的な観点で言えば私は澤さんと金谷さんがやはり良い質問や意見を述べられていると思います。

さて、9月議会での澤さんの一般質問において私の意見を2点申します。
まずは赤坂地域の住民として下水道のけんですが、
私的には澤さんの考えが正論だと思います。

と言いますか、下水道問題での優先順位付けではなく、すべての事を含めた赤磐市の事業の優先順位付けをする必要があると思います。

次に、市職員の地域活動・市民活動の積極的参加についてですが、
私の要望としては市職員だけでなく、市内の民間企業に対する協力要請と、その対価となるようななにかしらの優遇策を与えるなど。
特に消防団活動などは有事の際に民間企業の協力無しでは成り立ちません。

また12月議会での一般質問の内容に加えて頂ければと思います。
Posted by 若林順一 at 2014年09月23日 23:43
若林さん コメントありがとうございます。お返事が遅くなりました。まずは、一般質問を褒めていただきありがとうございます。私も建設的な意見を議員が言うことが非常に大事だと思っています。次に、地域活動・市民活動等への民間企業の積極参加策です。これは、勉強が遅れていますが、例えば、他の自治体では、入札における条件などで、地域活動への貢献を加えている事例があります。若林さんから言われたこともあるので、研究します。大事なことだと思っています。
Posted by 澤 健 at 2015年01月21日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: